賃貸の部屋を契約するには仲介手数料が必要で私にはその仲介手数料が非常に高いと感じられます。

快適に住むために必要な収納量とは
快適に住むために必要な収納量とは

仲介と管理

賃貸住宅を探す人の大半は賃貸を扱う不動産会社に行き仲介をして貰います。
その不動産会社が行う仲介と言うのは家を貸したいと言う大家さんから依頼を受けた業者が賃貸の物件の入居者を募集して賃貸契約を結ぶまでの業務の事で大家さんには賃貸経営業を営み多くの物件を持っている人もいれば転勤の間だけ部屋を貸したいとか言う全く賃貸経営をしていない大家さんもいるようです。
又、大手の建設会社などが開発した土地の建てた賃貸のマンションやアパートを関連する会社が仲介する場合もあるようですが空いている部屋の入居者を募集、紹介して契約をすると言う点では皆同じです。
そして仲介会社は契約が決まった際の仲介手数料で収入を得ているようです。
気になるのがその仲介手数料ですが一般的には家賃の1カ月分が上限と決まっていて例えば家賃が7万円ならば仲介手数料は7万円以上にはなりません。
但し仲介業者によっては値引きをしてくれる所が増えてきているようなので同じ条件の物件を契約するのならば少しでも仲介手数料が安い業者を選ぶのがいいかと思われます。
賃貸の部屋を契約する時に仲介手数料って高いと感じた事がある人は多いと思います。
私も賃貸のアパートを契約する際に敷金・礼金はともかくとして更に仲介手数料を支払うのは何とも納得出来ませんでしたが仕方なく支払った事があります。
私の場合は不動産会社に行き2.3件紹介してもらい、その中の物件に決め時間もそれほどかからなかったのですがそれでも家賃が7万だったので7万の仲介手数料を支払いました。
心の底で不動産会社は何て簡単に儲かるのだろう!と思った物です。
ですが考えようによれば私のように簡単に契約が決まる客もいれば何件回っても条件が合わなかったりして契約に辿り着くまでに長い時間を要する客もいる訳です。
言い方は悪いかもしれませんが仲介手数料に見合った仕事をして貰うにはより条件の良い自分の希望にあった物件を仲介会社にとことん捜してもらう事かもしれません。
仲介会社とは別に管理会社があるのですが管理会社と言うのは賃貸の物件を管理し維持するのが主な業務で具体的には家賃の集金や入居している方からのクレームの対応、物件のメンテナンスを行っているようです。
私は仲介会社と管理会社は同じだと思っていたのですが別の場合もあったり同じ不動産会社が行っていたりするようです。
賃貸の部屋を契約する際にはきちんと確認しておくべきだと改めて感じます。
賃貸の契約って簡単そうだがよくよく考えるととても複雑です。